十条駅北口・十条仲通り商店街 平日夕方5:30まで

まつお眼科クリニック

スタッフ紹介

院長 松尾 寛

日本眼科学会認定眼科専門医

経歴

平成6年   国立 香川医科大学医学部医学科卒業

平成6年   東京大学医学部眼科学教室入局

平成7年   関東労災病院眼科医員

平成9年   東京大学医学部附属病院眼科助手

平成15年 東京大学医学部附属病院 角膜移植部 医局長

平成16年 東京大学医学部附属病院 眼科 医局長

平成18年 まつお眼科クリニック開設 現在に至る

所属学会
 
日本眼科学会
 
日本緑内障学会
 
日本眼科手術学会
 
日本白内障屈折矯正手術学会

最近の学術活動業績

学会発表(国内)

2012日本眼科学会総会 学術展示優秀賞受賞講演 @東京国際フォーラム

健常人における点眼アドヒアランスの検討:自己申告と薬液残量からみた点眼率の一致性松尾 寛、向坂 俊裕、坂田 礼、大神 かおり、宮田 和典、相原 一

2012年日本臨床眼科学会(学術展示優秀賞受賞)@東京

健常人における点眼アドヒアランスの検討:自己申告と薬液残量からみた点眼率の一致性松尾 寛、向坂 俊裕、坂田 礼、大神 かおり、宮田 和典、相原 一

2011年日本緑内障学会 @秋田

トラボプロスト長期点眼による結膜充血の変化と眼圧下降効果の相関坂田 礼、向坂 俊裕、松尾 寛、宮田 和典、相原 一

2011年日本緑内障学会 @秋田

プロスタグランジン系点眼薬の眼圧下降に対する非ステロイド系抗炎症薬の影響向坂 俊裕、坂田 礼、松尾 寛、大島 博美、宮田 和典、相原 一

 

学術論文(英文)

Acta Ophthalmologica.2017

Additive effects and safety of fixed combination therapy with 1%brinzolamide and 0.5%timolol versus 1%dorzolamide and 0.5%timolol in prostaglandin-treated glaucoma patients. Makoto Aihara,Miasato Adachi,Hiroshi Matsuo,Tetsuya Togano,Takeo Fukuchi and Noriyuki Sasaki for JAC Study group.

Journal of Glaucoma.2016

Applying "Lasso"Regression to Predict Future Glaucomatous Visual Field Progression in the Central 10 Degrees. Fujino Y,Murata H,Mayama C,Matsuo H,Asaoka R.

J Ocul Pharmacol Ther.2016

Effect of Travoprost and Nonsteroidal Anti-inflammatory Drug on Diurnal Intraocular Pressure in Normal Subjects with Low-teen Baseline Intraocular Pressure. Sakata R,Sakisaka T,Matsuo H,Miyata K,Aihara M.

Acta Ophthalmol.2016

Change in visual acuity and associated risk factors after trabeculectomy with adjunctive mitomycinC. Kashiwagi K,Kogure S,Mabuchi F,Chiba T,Yamamoto T,Kuwayama Y,Araie M;Collablrative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study Group.

J Ocul Pharmacol Ther.2016

Effect of Switching from Timolol to Brimonidine in Prostaglandin Analog and Timolol Combination Therapy. Aihara M,Adachi M,Hamada N,Honda N,Koseki N,Matsuo H,Miyata K,Otani S,Unoki K.

British Journal of ophthalmology.2015

Do pattern deviation values accurately estimate glaucomatous visual field damage in eyes with glaucoma and cataract? Matsuda A S,Hara T,Miyata K,Matsuo H,Murata H,Mayama C,Asaoka R.

Journal of Glaucoma.2015

Time Course of Prostaglandin Analog-related Conjunctival Hypermia and the Effect of a Nonsteroidal Anti-inflammatory Ophthalmic Solution. Sakata R,Sakisaka T,Matsuo H,Miyata K,Aihara M.

JAMA Ophthalmol 2015

Additive Intraocular Pressure-Lowering Effects of the Rho Kinase Inhibitor Ripasudil(K-115) Combinated with Timolol or Latanoprost. Tanihara H,Inoue T,Yamamoto T,Kuwayama Y,Abe H,Suganami H,Araie M;Clinical Study Group.

Ophthalmology.2014

The 5-year incidence of bleb-related infection and its risk factors after filtering surgeries with adjunctive mitomycin C:collaborative bleb-related infection incidence and treatment study 2.Yamawada A,Mayama C,Araie M,Ohkubo S,Sugiyama K,Kuwayama Y;Collaborative Bleb-Related Infection Incidence and Treatment Study Group.

優しい心で全員一丸となって対応いたします

このページのトップへ

老年期・成長期の眼の健康相談、緑内障の検査・治療・手術、白内障の検査・治療・手術、目の定期検診、眼球・まぶた・角膜・水晶体の健康相談、セカンドオピニオン
眼鏡・コンタクト処方、各種保険対応、院内バリアフリー、デジタルカメラシステムの設置